1. エラボトックス初回限定¥3,300

  2. GLP-1 初回限定価格1本¥29,500

  1. 二重切開法モニター¥70,000~

  2. 切らない目の下のたるみ取りモニター¥70,000~

  3. YBC式クイックアイ モニター¥19,800〜

  4. グラマラスライン形成・タレ目形成(切開法)モニター¥259,000~

  5. 目尻切開モニター¥68,000~

  6. 眼瞼下垂(切開法)モニター¥350,000~

  7. 眼瞼下垂(埋没法)モニター¥245,000~

  8. まぶたの上の脂肪取りモニター
    ¥49,000~

  9. 目頭切開モニター¥68,000~

  10. 眉下リフトモニター¥140,000~

  11. 切開法による目の下のたるみ取りモニター¥70,000~

  12. グラマラスライン形成・タレ目形成(埋没法)モニター¥140,000~

  1. YBC式鼻先シャープ術モニター¥124,000~

  2. 鼻尖形成モニター¥103,000~

  3. プロテーゼ隆鼻術モニター¥103,000~

  4. 唇ヒアルロン酸 モニター¥33,000~

  5. YBC式鼻翼縮小モニター
    ¥98,000〜

  6. 鼻翼挙上モニター¥173,000~

  7. 人中短縮モニター
    ¥160,000〜

  1. バッカルファットモニター¥98,000~

  2. 脂肪吸引 頬・顎下セット モニター¥170,000~

  3. YBC式小顔リフト モニター
    ¥80,000〜

  4. アゴプロテーゼ¥175,000~

  5. 切らないアゴ形成 モニター¥140,000~

  6. アゴのお試しヒアルロン酸¥9,800~

  1. 乳頭縮小モニター¥55,000~

  2. 乳輪縮小モニター¥139,000~

  3. 陥没乳頭モニター¥97,000~

  1. エラボトックス初回限定¥3,300

  2. エラボトックスキャンペーン¥7,700~

  3. ボトックス注射キャンペーン 定価から15%OFF

  4. ヒアルロン酸注射キャンペーン 定価から15%OFF

美容外科は何をするところ?

その他

美容外科の選び方

日本では、少し前まで美容整形をすることは『両親からもらった体に傷をつける行為に対していけないこと』という世間のイメージがありました。

しかし現在では、体に傷をつけずにできる機械を使用した美容整形もあり、以前より気軽に美容整形ができるようになりました。

また、美容整形という名前でなくアンチエイジングやプチ整形など、施術の名前の変化も抵抗感を感じなくなった要因とも考えられます。

美容整形の技術も日々進歩しているので、整形したことがわからないくらいナチュラルに仕上げてもらうことがあります。

整形は、容姿に自身が持てない方・怪我などで肌を見せたくない方・ひと目を気にせず自信を持てるようになるための1つの方法でもあります。

美容整形は、今までの自分と違う自分になるための方法ではありますが、最新の医学に基づいて安心できる治療方法です。

美容外科の選び方

美容整形を行う医療機関選びはとても大切です。

費用が安ければ気軽にできるかもしれませんが、担当する医師の腕が良くなかったりする為無料カウンセリング等を利用してみてご自身にとって良い機関を選びましょう。

担当医師としっかりコミュニケーションを取ることが大切です。

美容整形は保険治療ではないので、保険が適用される施術はありません。

それでも、美容整形を受けた人の中には人生が変わったという人もいます。

親からもらった体を大切にできることにこしたことはありませんが、治療1つで人生が前向きに感じる方もいます。

現在では美容外科を利用したことがある人も多くなってきました。

美容外科では主に審美性を追求し、修正するということを行なっています。

つまり、簡単にいってしまうと『美しいと感じるように修正する』ということです。

コンプレックスを取り除く手段

最近ではヒアルロン酸やボトックスを含むプチ整形など、二重の埋没法のような手軽にできる整形が普及したことにより、整形への捉え方もポジティブになってきています。

『見た目よりも中身』という言葉もありますが、人の第一印象は主に『容姿』でほとんど決まります。

初対面の人の約80%の人が、顔から第一印象を決めると言われています。

テレビに出ている女優さんのような容姿だったら…と考えたことが1度はあるのでは無いでしょうか。

目が大きければ、鼻が高ければ、自分の顔にコンプレックスを抱かない人はいません。

そのコンプレックスを解消できるのが美容整形です。

整形はやりすぎてしまうと肌や身体に負担がかかってしまう場合もありますが、適度に整えることは自分に自信をつけることができます。

まとめ

メイクでも綺麗に、かわいくなれますが最初からうまくいくかといえば、そうではなく慣れるまで時間がかかったり自分の力では限界があるのでは無いのでしょうか。

そうではなくても、肌やパーツのベースが出来上がっているとメイクをするのも『短時間』で済むと好評だったりします。

整形が気軽にできるようになった現在だからこそ、もっと積極的に前向きに検討するのも良いかもしれないですね!