1. GLP-1 初回限定価格1本¥29,500

  1. 二重切開法モニター¥70,000~

  2. YBC式クイックアイ モニター¥19,800〜

  3. 切らない目の下のたるみ取りモニター¥70,000~

  4. グラマラスライン形成・タレ目形成(切開法)モニター¥259,000~

  5. 目尻切開モニター¥68,000~

  6. 眼瞼下垂(切開法)モニター¥350,000~

  7. 眼瞼下垂(埋没法)モニター¥245,000~

  8. まぶたの上の脂肪取りモニター
    ¥49,000~

  9. 目頭切開モニター¥68,000~

  10. 眉下リフトモニター¥140,000~

  11. 切開法による目の下のたるみ取りモニター¥70,000~

  12. グラマラスライン形成・タレ目形成(埋没法)モニター¥140,000~

  1. YBC式鼻尖形成モニター¥103,000~

  2. YBC式鼻翼縮小モニター
    ¥98,000〜

  3. YBC式鼻先シャープ術モニター¥124,000~

  4. 人中短縮モニター
    ¥160,000〜

  5. プロテーゼ隆鼻術モニター¥103,000~

  6. 唇ヒアルロン酸 モニター¥33,000~

  7. 鼻翼挙上モニター¥173,000~

  1. 1day小顔注射¥1,980~

  2. 1dayVライン3D脂肪吸引 モニター¥120,000~

  3. バッカルファットモニター¥98,000~

  4. YBC式小顔リフト モニター
    ¥100,000〜

  5. アゴプロテーゼ¥175,000~

  6. 切らないアゴ形成 モニター¥140,000~

  7. アゴのお試しヒアルロン酸¥9,800~

  1. 乳頭縮小モニター¥55,000~

  2. 乳輪縮小モニター¥139,000~

  3. 陥没乳頭モニター¥97,000~

  1. ヒアルロン酸注射キャンペーン 定価から15%OFF

プラセンタはなぜ人気なのか

スキンケア

プラセンタはなぜ人気なのか

プラセンタは、妊娠中に赤ちゃんをつないでいる『胎盤』のことです。

胎盤には赤ちゃんの成長に欠かせない必要な栄養が詰まっています。

プラセンタを体内に注入することで、人が元々持っている自然治癒力を上げることで、特に美容面では新陳代謝を活性化させて、年々気になってくるお顔のシミ、シワ、肌の乾燥、さらにはニキビや湿疹などのお肌のトラブルに働きかけます。

プラセンタの種類

プラセンタと言っても、その種類は様々で母体となる動物はヒト、豚、馬、羊などあります。

動物性以外に植物由来のプラセンタもありますが、プラセンタと同じ効果が得られるという理由で植物の胎座から作られているのがほとんどです。

一方で、ヒト由来のプラセンタは医薬品のため医療機関が対象になります。

一般流通しているプラセンタは豚、馬、羊由来のものになります。

馬由来はアミノ酸が多く含まれており、羊由来は人体への吸収率が高く希少性も高いため人気の種類でもあります。

ヒト由来のプラセンタは「ラエンネック」「メルスモン」の2種類で厚生労働省からも認可を受けています。

原料がヒトの胎盤であることから安全性が高く、多くの方が受けています。

2種類の違いといえば製造方法になりますが、滅菌処理加工をされているので安全です。

その他に動物由来のプラセンタは豚と馬のプラセンタが日本では主流となっています。

出産の数がヒトと異なるため大量生産をすることができて、豚プラセンタはサプリメントなどにも多く使用されている傾向があります。

馬は豚と比較するとアミノ酸が約300倍と高いため安全性の高さも魅力の1つです。

プラセンタには原料によってそれぞれに特徴があります。

自分に合ったプラセンタを選んでいきましょう。

摂取方法

プラセンタの摂取方法としては、最近では化粧品や医薬品、健康食品などに含まれていることが多く見かけるようになりました。

その中でも手軽に摂取できるのは「飲むプラセンタ」です。

サプリメントや錠剤、ゼリー、ドリンクなど好みに合わせて選ぶことが可能なので試しやすいですね!

特に飲みやすい味付けになっている場合や他の美容成分も配合されている商品があります。

継続的にやる必要がある場合もあるので用法用量を確認して摂取していきましょう。

もし、即効性が欲しい場合はクリニックで直接筋肉や皮下に注射するプラセンタ注射がおすすめです。

まとめ

お悩みの状態や期間などそれぞれ使用するものによって効果も異なりますので、ぜひ一度ご相談ください。

関連記事